mangando

spacer.gif

●私の師匠のサイトを発見しましたので右のリンク「注目サイト」追加しました!
 私のデザインの師と仰ぐ香港のデザイナー、アラン・チャン氏のサイトです。
 素敵な時計やTシャツ、アルバム、カード、文房具、お茶の缶(中身入り)までオシャレです。
 日本の銀行や茶房、パッケージなども手掛け、世界的にも活躍中。
                                    2010.01.26

満願堂は…

満願堂のマンガンは、ゲームのドラクエやFFで昔から使っていた名前なのですが、いずれも「多少男らしく、短くて響きのいいもの/言いやすく覚えやすく呼び捨てにもでき、印象のいいもの」をと考え、当時流行っていた「ビギ」とか「ワイズ」の濁点にその辺りの要因があると勝手に考え、しかも「和風」が逆にカッコよく、また覚えられやすいかなと試行錯誤して出た結論が「満願堂・マンガン」でした。

マンガンの正体は!

hukusuke.jpg

【福助】
一般的に福助は上の写真のようなものです。頭が大きく福耳で、羽織袴のちょんまげ頭、福を呼ぶ「招福」のキャラクターとして有名です。そして「満願堂のマンガン」もその姿に酷似しています。えっマンガンは「福助」じゃないの?と思われたかたも多いと思いますが、B「満福(感)」羽織袴は単にコスチュームのひとつにすぎず、しかもあのチョンマゲは実はヅラだったのです!

qp_atama.jpg

じゃヅラを取るとどんな頭なのかというと、こんなふうにキューピー頭なんです。その少しだけあるてっぺんの髪の毛を隠すのにチョンマゲヅラは絶好でした。

他にも中国茶を嗜むときはA「満茶(静)」チャイナ帽をかぶっていますし、戦うときはC「満李(動)」辮髪(べんぱつ)です。

kamigata.jpg

で結局その正体はといいますと…
実は『ビリケン』なんです〜!

billiken.jpg

【ビリケン・BILLIKEN】
ちょっとキューピーに似た姿ですが、目がつり上がりなにやらニヤリと笑っています。伝わるところによりますとビリケンの誕生は1908年。アメリカはシカゴの女性彫刻家ホースマンが、展覧会に出す自分の構想がまとまらず悩んでいたところ、ある夜、夢のなかにJoss(中国人の礼拝する偶像)という神様が現れ、「私の像を作って出品するがよい。そして私の足の裏をかけば、私は世界中に福をもたらすであろう」と語ったといいます。早速、彼女が像を作ったところ展覧会では大人気。そして夢のお告げ通り、観た者に不思議な霊験があったので、大いに評判となりました。日本でも大阪の通天閣に祀られています。そのJossがなぜビリケンになったのかはわかりませんが、正確にいうとマンガン=ビリケン=Jossということになります。

これでマンガンが無類の中国・香港好きというのも納得していただけると思います。
な〜んてね (≧∇≦)ノ

マンガンのキャラ変遷


manpuku01.jpg

01.07〜04.10
小さいけれど鼻がしっかりあります。平面なイラストにすると非常に描きにくかったのを覚えています。


manpuku02.jpg

04.10〜05.10
描きやすさと一般受けしそうな顔に替えましたが、個性がなくなり、「本人らしさ」が失われてしまい、ずっと気になっていました。鼻はありません。



manpuku03.jpg

05.10〜
陰険な目が復活し、いまのところ一番気に入っています。鼻は点々にしました。私の大好きな女優「スー・チー」にもやや似ている気がします。


new_mgd_icon.gifspacer.giftwittericon_md.pngspacer.giftwittericon_gifanime.gif

10.06〜
ツイッターが全盛になってきたのではっきり視認出来るアイコンを作成。左はWeb全般用、中はクチバシになっていることからわかるようにツイッター用、右はGIFアニメ用。



ページトップへ

プロフィール

graphic.jpg

満願堂マンガンの本業はグラフィックデザイナーです。
グラフィックデザインとは,一般には商業デザインといわれ印刷物を媒体とした広告やポスター、パンフレット、チラシ、DMなど大きいものは看板から小さいものは名刺まで、幅広い分野でみなさんの目にふれています。その分、常に新しいものを要求され、またそれに応えるべく四方八方にアンテナを張り巡らせ、時代のニーズになんとかついていっています。

昔はケント紙にT定規と三角定規を駆使して、ロットリングで線を引き、紙焼きで拡大縮小した図版を配置し、写植という文字を印字したものを張り込んで、写真もはさみで切って重ねていたものですが、いまやそういう作業はゼロになり、そのすべてをコンピュータでしています。

マシンは印刷や映像・音楽分野ではその業界自体が今までずっとMacでしたので、私も最初からMacを使っていますが、マシン自体のデザインや使いやすさからかなり気に入っていて、仕事に趣味にと毎日ほぼ一日中画面に向かっています。

仕事では頭に浮かんだものがすぐに画面上で表現出来て、位置や大きさ、色などの修正が簡単に行えるので、非常に便利です。

しかもイラストレータやフォトショップなどのソフトに依存しているところが大きく、以前なら丸一日かかった文字の立体化などアッという間に出来てしまい、かなり助かっています。ならば誰にでも出来そうに思われがちですが…そう…出来るかもしれません。意外とそう思われがちな今日この頃です。

最終的には「センス」が全てだと言われますが、私はそれよりも「応用力」がより必要だと考えています。応用力なくして+αは生まれない!なにしろ常に+αを心がけ、オリジナルで個性的なデザインを目指していますが、なかなか思い通りにはならない難しくて細かくて面倒で、不健康極まりない、でもおもしろい仕事です。

【仕事の一例】

楽天グリーティング

mangandoは楽天グリーティング(以下、楽天G)の「携帯eカード」部門で制作スタッフの一員として毎月製作させていただいています。
携帯eカード制作には「サイズ:2.5K、コマ数5コマまで」という制限があるので、簡潔明瞭に表現しなければならず結構大変です。私はまず作りたい理想型を作っておき、そこから削っていくという方法をとっています。

楽天GはWebや携帯からグリーティングカードを送れるサービスをしているサイトで、カードの他にも壁紙やスクリーンセーバーも多数ダウンロード出来ますので、一度覗いてみてください。またギフトやショッピングコーナーもあり素敵な商品の品揃えで人気です。

ご利用にはとても簡単な会員登録(無料)が必要です。

hanami.gifkingyo.gifnatsunoowari.gif

★☆宣伝☆★
mangando制作のカードをどんどんご利用ください!

楽天Gサイトを覗いてください!
rakuten_bn.jpg

win_samu.gifsanta_pre.gif

リンク